看護師求人ランキング

MENU

大阪の看護師syndyさん

私が看護師の仕事を職にしようと考えたのは小学生のときでした。肺炎で入院して本当に死ぬ寸前。とても苦しかったのを今でも覚えています。40℃近い高熱に何週間も苦しめられて、睡眠も取れませんでした。

 

熱が下がったら今度は咳に苦しめられる始末。肺を圧迫すると呼吸が出来なくなってしまいとても苦しくなるのです。寝転ぶ事も座る事も出来ないので、テーブルを高くしてもたれかかりながら寝ていました。

 

それでも数時間に一度は目が覚めてまともに睡眠を取れませんでした。本当に苦しくかった時に看護師の人が背中をいつもさすってくれたのです。その手にはとても温もりがあり、心身ともに弱っていたので非常に嬉しかったのです。そのことがきっかけで将来看護師になろうと決めました。

 

弱っている人を助けたい、人の命を救う仕事がしたいと子供ながらに強く思い看護師になる夢を抱きました。そして数年前に資格を取得して現在の病院で勤務しています。私の働く病棟は呼吸器内科です。

 

子供の頃私が入院していたのも呼吸器内科でした。肺炎以外にも呼吸器の事で入院している人が多数おり、子供から年配の方まで様々です。看護師の仕事はとても不規則で、夜勤に日勤の繰り返し。夜勤は夕方から翌日の昼前までありあます。

 

非常にハードな勤務なので、同じ時期に働き始めた同僚は大半が辞めてしまいました。私は好きでこの仕事をしているので特に辛さは感じないのですが、悩みはもちろんあります。

 

それは先輩看護師の仕事に対する姿勢。人の命に関わる仕事にも関わらずあまり危機感が感じられません。最初は慣れればこうなるのかなと思っていたのですが、逆に慣れれば慣れるほどに先輩の意識の低さが目に付くようになりました。もちろん私から意見を言う事もあるのですが、全く話を聞こうとはしません。

 

同僚の愚痴ばかり言うのに自分は改善しようといしない。人間関係はどんな場所でもついて回る事なので、避けては通れません。二人一組でチームを組んで患者さんを診て回るので、関係がしっかりしていないととんでもないミスに繋がってしまうかも知れません。

 

普通の会社だと謝って許される事もありますが、医療ミスは絶対にゆるっされない事です。それをわかっているのか不明ですが、改善しようという努力が全く見られません。大阪の病院で勤務をしているのですが、関西人は皆がこんな人ではないはずです。

 

自己主張が強いのとわがままなのは全然違うと思います。職場を移ろうか悩んでいるのですが、まずは今の悪い状態を改善する事に努めたいと思います。